Human

等身大で生きる。放浪カメラマン・ヒロタケンジ

「特に夢とかビションはなかった。」

そう話してくれた のは、現在ミニバンで日本を放浪中のカメラマン・ヒロタケ ンジさん。

“多くを語らない、でも熱い情熱を持った人” そう思っていた彼の人物像は、出会ってすぐに崩される。

気さくで少年っぽさが残る可愛らしい人。そして決して背伸びせず、未来を見 据えすぎない居心地のいいユルさを持った人。それがヒロタさんの第一印象だった。

思うがままに、運命に導かれるままに人生を楽しんでいるヒロタさん。今回 は、そんな彼の等身大な生き方にクローズアップする。

 

放浪カメラマン・ヒロタケンジ

 

Photo by http://hirokenji.com/blog/

1980年生まれ、東京下町育ちの元ITサラリーマン。

長年の悩みであった“あがり症”の克服により、怖いものがなくなった30歳。そ のタイミングで出逢った”ひすいこたろうさん”の「あした死ぬかもよ?」の本 と、刺激的な仲間にインスピレーションを受け、8年間務めたIT会社をあっさ り退社。

「人生やりたいことをやって死にたい」

そう強く思ったのをきっかけに、2012年12月の32歳の時に世界放浪の旅に出る。

無期限だった放浪の旅。日本を出発して2年が経った時、入院する家族に会う ためにその幕は降ろされた。

帰国後、千葉県の房総半島の金谷に拠点を置きカメラマンとして活動。

“50円出張カメラマン ”から始まり、無料画像を配布している ”ぱくたそカメラマン“、そしてあの有名なニューヨーク・タイムズの記事の撮影を経て、現在は ある撮影の依頼を受け日本全国を駆け巡っている。

 

長年苦しめられたあがり症

 

Photo by http://hirokenji.com/blog/

高校時代に発症した極度のあがり症に苦しみながら、高校卒業後は専門学校に 進み、パソコン店員、ニート生活、そして IT業界でのサラリーマンと人生を進 めて行ったヒロタさん。

いつも付きまとうあがり症と、それに伴う心の憂鬱。この頃のヒロタさんは、夢も希望もない毎日の中で、自分自身と真剣に向き合っていた。

「どうにかしなければ。」

当時、IT業界で働いていた28歳のヒロタさんはそう思い、コミュニケーション 講座やスピーチ教室に通い始める。そしてようやく2年かけて、長年苦しめられていたあがり症から解放された。

 

カメラとの出会い

 

ヒロタさんとカメラとの出逢いは、ずっと彼を悩ませていた “あがり症”を克服 した頃。

「移り変わっていく東京の姿を記録していきたい」 そう思ったのをきっかけに、彼は一眼レフを手に入れる。

「その瞬間を切り取る、記録していく」 ヒロタさんは、そんなカメラの世界にどんどん魅了されていった。

 

意気揚々と出発した世界放浪の旅

 

Photo by http://and-sekaiissyu.com

「旅は自分を変えなかった」

 そう世界放浪の旅について語るヒロタさん。

退職後、頭を丸坊主にして気合十分に出発した2年間の世界放浪の旅。それ は、自分が求めていたものを与えてくれるものではなかった。

旅の目的の1つであった“軟弱な自分の心を叩き直したい”。 いつも付きまとう“将来やお金への不安”から解放されたい。何が起きても大丈夫という心の強さが欲しかったヒロタさん。

31か国もの国を渡り歩き、様々な文化に触れ、旅らしいハプニングも経験。で も、そのことが自分を成長させたかというと、そうではなかった。希望を持って出た世界放浪の旅にあったのは、サラリーマン時代に貯めたお金が日々無くなっていくという現実と不安。

「2年も旅をしていると飽きがきたり、旅の疲れから日本に帰ろうかと考える 事もあった。でも何の予定もビジョンもない自分にとって、 ”帰国”とは自ら落 とし穴に落ちいくようなもの。だから帰国したくなかった。現実世界に戻るこ とを恐れていた」

大好きなカメラと共に歩いた世界は素晴らしいこともあり、「どこでも生きていける」という強い気持ちもあったはず。でも、根本的なことは変えられないままだった。

 

帰国してからカメラマンとして動き出すまで

 

帰国後に訪れた憂鬱な日々

 

ヒロタさんのご家族の1人が入院するということで帰国を決心。

「2年間の世界放浪の旅を写真集にしよう」

帰国後、そう意気込んで制作を始めた写真集。でも、1人で作業していく中で 感じた何とも言えない鬱々感と、収入がない不安や焦りがまた彼を苦しめ始め た。

「自分の好きなことをやっているはずなのに……」

締め切りもなく、誰にも何も言われることがない制作活動。でも毎日が何かに 追われているようなヒロタさんは、自分だけの世界から外の世界へ足を運び始 める。

 

坂爪圭吾さんとの出逢い

 

そんな時に、偶然一緒にご飯を食べることになった”坂爪圭吾さん”との出会いが訪れる。坂爪さんは家を持たずに、自身のブログで情報発信をしながら、世界中で様々な活動をしている人だった。

「お金がなくなるのが恐いんですよ」

初対面、しかもカリスマ的人気を持つ坂爪さんに思わず言ってしまった一言。 そんなヒロタさんに、坂爪さんはこう告げた。

「いっそのこと全て失くしてみてはどうですか? 中途半端にお金を持っているからエネルギーが分散するんです」

それが坂爪さんからのアドバイスだった。予想もしていなかったこの言葉に、 ヒロタさんは衝撃を受けた。

「どうにかなるか」
そんな思いがフツフツと生まれ、ヒロタさんは動き始めた。

 

そして始まったカメラマンとしての自分

 

帰国してから5ヶ月目。もがきながらも前に進み始めたヒロタさんは、ある友 人の結婚式の依頼をきっかけにカメラマンとしてデビューすることになる。

それまではお金を取らず、自由に写真を撮ってきたヒロタさん。 5ヶ月目に訪 れたこのデビューをきっかけに、 ”好き”を仕事に、そして生きがいを取り戻していく。

「最初は仕事と言っても、生活出来るにはほど遠い収入。増して、天候やその 時の状況によって左右されるカメラマンという仕事は、時間給で考えると割り に合わないことも多い。でも自分の好きな『旅』『カメラ』『各地の美味しいものを食べられる』ということが出来る仕事に幸せを感じて今も続けている」

カメラマンとして2年間経ったヒロタさんは、嬉そうにそう話してくれた。

 

どうにかなる精神があったからこそ、今こうやって 生きている

 

特にビジョンも持たず、「今」を生きてきたヒロタさん。世界放浪の時も、帰 国してからの鬱々の時も、お金がない時も、「まっ、どうにかなるか」の気持ちで前に進んで来た。

その“どうにかなる精神”は、30歳まで苦しめられていたあがり症を克服したこ とで生まれた彼の大きな強み。

「今までの人生の中で、自分のあがり症は最大で最後の敵だったと思う」

人前で上がってしまう自分、鬱々の中にいる自分、お金がない自分。そんなダメな自分を全て、等身大で受け入れられるようになったヒロタさん。人生最大のターニングポイントになったあがり症への勝利は、何の経験よりも ヒロタさん自身の心を強くしていた。

 

金も名誉も女もない。でも上出来だと思える今の人

 

Photo by https://twitter.com/piroken1980

金も名誉も女もないが、好きな自分と、好きな時間に好きな場所で好きな写真を撮る毎日。「人生、上出来じゃないか」と感じる朝を迎えました。

 

ヒロタさんのツイッターで心を鷲掴みにされた言葉だ。

「今の生活に後悔した事はありませんか?」
その質問に、ヒロタさんはこう答えてくれた。

「ITサラリーマン時代は安定した収入があったが、時間の拘束とストレスを感 じる毎日だった。週末にはそのストレス発散としてお金を使い、そんな悪循環 の日々に将来への不安は絶えなかった。

カメラマンとしてフリーで活動している今は、ストレスゼロ、時間にはゆとり がある。きっと人生で1番お金がない生活をしているが、これまでの人生の中 で1番の安心感と幸せを感じている。過去に戻りたいと思ったことはない。今 の生き方に後悔はない」

迷いのない言葉だった。

放浪カメラマン・ヒロタケンジさんは、好きなものに囲まれて、自分らしい人 生を自分らしく謳歌している。

 

ヒロタケンジのこれからのビジョン

 

Photo by http://hirokenji.com/blog/

今まで特にビジョンがなかったヒロタさんの人生。縁あって訪れた千葉のいす み市でパーマカルチャーに出会ったヒロタさんは、理想的な暮らし・自分らし い生き方を見つける。

「小屋を作ったり、畑をしたりして暮らしを作っていきたい」

東京育ちのヒロタさんにとっては、田舎暮らしのほとんどが知らない事だら け。そのことが新鮮で楽しいとヒロタさんは言う。

「今の撮影の仕事が終わったら金谷に戻り、早速暮らし作りを始めたい」

彼は半自給自足を目指していて、近いうちに狩猟免許も取得すると意気込んで いる。

 

等身大の生き方

 

迷いながらも前に進んで来た放浪カメラマン・ヒロタケンジさん。人生最大で 最後の敵”あがり症”を撃退した彼の生き方は、とても自然体で無理のない、等 身大そのものだった。

「まっ、いっか。どうにかなる」

焦ったり不安になってもがくのではなく、あるがままを受け入れてしまう。そ の事で開けてくるものがあるという事を、ヒロタさんは分かっているのだろう。

放浪カメラマン・ヒロタケンジは、カメラを相棒に “今”を自分らしく生きてい る人だった。

 

放浪カメラマン・ヒロタケンジからのメッセージ

 

最後に、ヒロタさんから読者の皆さんへのメッセージ。

「心の声に素直に行動して下さい。たとえ心配事があってもどうにかなりま す。人間はそう簡単に死んだりはしません。

そして自分の好きなことをやり続けて下さい。僕は苦しい時もカメラから離れ ませんでした。時間はかかったけど、やり続けた結果、今の生活を手に入れま した。

ダメな時は助けてと声を上げればいいんです。いつも心をオープンにしていれ ば、必ず助けてくれる人がいますよ」

ヒロタさんらしいメッセージ。
また地球のどこかでお会い出来たらと思う。

 

▽放浪カメラマン・ヒロタケンジ ▽

Blog : http://hirokenji.com

Twitter : https://twitter.com/piroken1980

Instagram : https://www.instagram.com/hirokenji_trip/

スポンサーリンク
Top